nanairokun’s blog

お酒をやめて試行錯誤中 やめて3年目 ノンアルコールライフで幸せに 

肌が弱いけど脱毛したい!という悩み ケノンで脱毛

肌が弱いけど脱毛したい!とずっと思っていました。 アトピーの為に昔使用していたステロイドの副作用か?搔き壊して刺激していたからか?体毛が濃くなってしまい、その体毛が肌を刺激するんです。 なのでシェーバーで処理して更に肌荒れ。 なんとかならないかな~と真剣になやんでました。

 

医療用脱毛、フラッシュ脱毛とか色々ある

違いがあるのはなんとなく理解してました。 医療用だとほぼ生えてこなくなるそうです。 周りはサロンに定期的に通っている方が殆どでした。

ですが予算的に十数万はかかるとか、お財布的に厳しくて。 また通う手間は2か月おきなので年数がかかるそうで。

そしてわたしの場合は、アトピー肌を晒すのも心理的にかなり抵抗があったので自宅で出来る脱毛一択となりました。  肌の状態が良くないと脱毛出来ない時もあるだろうとの予測もしていました。 まずは完全じゃなくても気にならなくなる位に脱毛できればと。

家庭用脱毛器、色々でてます。

結果ケノンを選びました。

本体価格は69,800円と他の家庭用脱毛器と比べると少々お高めではあります。 でも長期的にみるとコスパは最強だと思いました。

 

ケノンのメリット

  1. 照射回数が最大レベル10で30万発
  2. 照射範囲が広く費用が安い
  3. 2週間に1回できる
  4. 敏感肌でも大丈夫(美顔器としても使用できる)
  5. 女性だけでなく男性も使用できる
  6. 別売りのカートリッジ購入で長く使用可能

自分の為だけではなくて、家族も使えるんです!

男性もヒゲや手足を脱毛している方増えていますよね。 ちょっと恥ずかしいVIOも自分で処理できますし。 サロンが良いよりも色々な面で自由度が高いです。

 

周期

  • 最初の使用から次の使用まで約2週間あける
  • 効果がでるには最低4、5回の使用が必要

 

使い方

  1. 脱毛のプランを立てる(範囲を決めて同じところを重複して照射したり、照射し残しがないようにメモしておく)
  2. 使用する前日に照射したいところをシェーバーで処理しておく
  3. 脱毛前にローションやクリームを塗らない
  4. 刺激を和らげるため、保冷剤で照射部位を冷やす(10秒ぐらい)
  5. 脱毛用カートリッジ残量(表示されます)を確認し、レベルとショット(単発・連続)を設定する
  6. サングラスをかけて(付属でついてきました)、脱毛したいところを照射
  7. 照射部位を保冷剤で冷やす(10秒ぐらい)

 

使ってみて

やはり4~5回照射した頃から毛が細くなってきました。 生えてきても細いのであまり気にならない感じ。 わたしの場合は腕・足で10回を過ぎた辺りからシェーバーで処理しなくても大丈夫かなってレベルになりました。 照射する周期が空いてしまったりもしたので全身で1年ぐらいかかりました。 産毛には効果が出にくいそうですが、毛は細くなるので毛穴も目立たなくなってきます。 体毛が突き刺さるこ事もなくなり痒いという苦痛からも解放されました。 今後は美顔器として使っていこうと思っています。 まだ色素沈着している後遺症の残る部分が綺麗になると良いなと思います。

 

デメリット

  1. 自分で照射するので、背中等手が届きにくい部位は脱毛しづらい。 
  2. スケジュール管理がめんどくさい。(忘れる)

 

つるつるにしたい方はサロンと併用というのもありだと思います。 そして面倒くさがりさんは向いていないかもしれないです。  わたしは本来面倒くさがりなのですが、体毛が突き刺さる刺激からの痒みの軽減を目指していたので自分的には一時期頑張りました。

 

購入する際は、ケノン公式からの購入をお勧めいたします。 わたしも公式HPから購入しました。付属品も時々入れ替わったりしてお得に購入できますし、交換用のカートリッジも値引き価格で購入できます。 購入時、 他社製品をものによっては下取りもしてくれるみたいです。

 

4色から選べました。参考までに貼っておきます。