nanairokun’s blog

お酒をやめて試行錯誤中 やめて3年目 ノンアルコールライフで幸せに 

ストロング系酎ハイは危険

12月 師走です。街はクリスマスの飾りつけやイルミネーションでキラキラ。 今年は暖かいです。  電車に乗ると暑くて汗が滲みます。

早いですが一年振り返ると色々ありました。 その時は無我夢中なのに記憶が薄れるのが早いのです。 普段忘れていますが書き留めておこうと思います。

 

断酒して丁度一年過ぎた頃に、外飲みしていて顔見知りになった20代前半のアルコール依存症の方の愛飲していた飲み物。

 ストロングゼロ系酎ハイ

お値段が安く、アルコール臭が感じない爽やかな口当たり。  度数高めなので手早く酔いたいアルコール依存症には最適な飲み物。

わたしは焼酎が苦手で殆ど飲んだ事は無かったのですが、お酒っぽさが少ないから沢山飲めてしまうのだろうな。と思いました。

酎ハイですから焼酎を割ったものなので、飲み過ぎたらアルコール依存症まっしぐらになりかねない。 糖類オフで太りにくいしさっぱりとしてて甘過ぎない。  

 

その方はいつも痛飲していました。 アルコール依存症の真っ只中にいる自覚はうっすらあった様ですし、飲み方も朝から飲む事もあると言うので本人には「それは依存症になってるよ、やめない限りどんどん身体が痛んでしまうよ。」と伝えました。 そして「お酒飲むのはやめた方が良いよ。」とは言いましたが止めはしませんでした。 「止めて欲しくない。と言われましたしね。 

ただ、「何故わたしは断酒出来たのか? 何故やめようと思ったのか? 」 とほんの少し羨ましそうに質問してきました。

 

人生詰んだな。って思ったから。

やめる当時、身体が悲鳴をあげてて経済的に立ち行かなくなったから。  恐らくアルコール依存症の寿命と言われている52歳迄命がもたないかもしれないと怖くなったから。と、ありのまま伝え。

 

じっと考え込んでいましたが、何故かコップになみなみと注がれた焼酎を「断酒一年記念としてどうぞ!!!」と勧められましたっけ。(怖い)

もう二度とわたしは飲めないから。」、と断ったら「わたしの分も飲みます〜!」と二人分飲み干し解散。 そこからどうやって帰宅したのか記憶が無いと後日知りました。 ブラックアウトですね。

 

その後今年のまだ寒い季節に、若いから余計に進行が早かったのか?元々お酒に強くない体質だったからか?  しばらくして自ら病院に行きレグテクトその他精神を安定させる薬を飲み、一週間程断酒したあと再飲酒(スリップ)してしまったと連絡が来ました。

話をしたら、連続飲酒のスパイラルにはまってタガが外れた様に飲んでは寝て目覚めたら飲んでだそうで。

今必要なのは入院なのでは?」と勧めましたが、話を理解出来ていたかどうかもわからない感じでした。 ただただ辛そうでした。 結局話を聞くだけしか出来ず、その後はどうしているのかわからずじまいです。

 

あの時、強制的にでも病院に連れて行けば良かったと思います。 

そしてコンビニでストロング系酎ハイを見かける度に胸が痛みます。 

どうしてあげようも無いけれど、やっぱりアルコールは怖いな。 二度と飲んではならないと深く心に刻まれた出来でした。

お酒を憎いと思いました。  わたしの半分くらいの年齢で、まだまだこれからの未来がひらけている筈なのに。

 

どうか、一日も早く酒害から救われる人が増えますようにと願ってやみません。 口当たりの良いお酒にはご注意下さいませ。

老婆心ながら…

 

深い意味はありませんが、なぜかこの曲も当時を思い出します。 わたしがR&Bを好きなだけなんですよね…

 

   Always On Time  ジャ ルール

 

 

 

ノンアルコール生活954日