nanairokun’s blog

お酒をやめて試行錯誤中 やめて3年目 ノンアルコールライフで幸せに 

ウォーキングすると思い出す SoulBar

 

ウォーキングしていたら墨絵の様な景色

 

f:id:nanairokun:20181123222253j:image

 

川面にも月が写ってました。あんまり綺麗に撮れてなくて残念(見えづらいですね)。

 

歩いていると季節の変化も感じられたり、頭の中のごちゃごちゃした思考も徐々にスッキリしてきて気分が上向きになります。

冷たい手先足先も血液が巡ってポカポカしてきます。

 

すれ違う走る人 自転車 歩く人

ダイエット目的なのか健康維持の為なのか

 

音楽聴きながら歩く事も多く、

お気に入りはR&B Soul funk

Soul Barに行ってまた踊りたいなぁ。

と時々思ます。

シングルになってから、通算8年近くあちこち行き楽しんでました。

今現在は長めのお休みモードですが、ノンアルコール生活始めてからも、たまに足を運んでました。

 

f:id:nanairokun:20181124211419j:image

 

Soulが流れる店内では踊ったり飲んでいる人が多いのですが、周りが飲もうと全く気にならない時と悲しいなと感じる時とあるんですよね。

 

飲め飲めと強制される事はほとんどなくて

たまーに、アルコール依存症の怖さを深く知らない人が今日は特別って事で良いじゃない!

って悪気なくすすめてくるんですよね。

さらっとニコニコしながら断りますけどね。

 

すすめられたからといってイライラもしません。

ただの酒飲みと依存症の違いなんて、あまり認知されていないと思っているからです。

 

肝臓にきちゃった? とか

で、いつになったら また飲めるの?

こんな感じです。

 

みんなが楽しんでいる所で

わたしはこの先一生、一滴も飲めないんですよ。

なんて言えません。

そうすると、後から悲しくなってしまうんですよね。

理解されないのだ、という悲しみでしょうか。

 

普段は電車内のお酒臭い乗客も、千鳥足で通りを歩く酔客にも気の毒だなぁ、匂うけど。

わたしはお酒から離れられてほんとにラッキーだったなぁ。

酔っ払うと危険だし、失うものだらけだもの。

と思っているんですけどね。

 

お酒は合法で至る所で手に入るし、嗜好品だから嗜むのはその人の自由。

飲んでいた当時のわたしもそんな風に思い込んでいましたから…

飲めない病となってしまったんだな〜戻りたくないけど。

と、感傷的になっている今は

ウォーキングしながらまた楽しみたいなって気分になれる時を楽しみにしつつ。

テクテクと歩いてます、いろんな意味で。

 

ノンアルコール生活943日

今日も無事な事に感謝。